毎日の習慣作り!TOEIC Part5無料メルマガ

 

英語学習は何よりも習慣化が大切!

TOEIC Part5形式の問題が365日間、毎日一問届くので習慣化しやすい。登録するとメールボックスに確認メールが届くのでクリックしてください。登録完了翌日から配信スタートです。

担当講師  阿部 毅(TOEIC985点)
きゃさりん

中学英語をどうやったら実際の英会話にフル活用できるのか

中学英語で日常会話の大半が話せる?

「中学英語で日常会話の大半は話せる」などとよく言われますが、これを実感している人、もしくは実践できている人は意外と少数派なのかもしれません。なぜなら、中学英語は基礎的な知識で難易度ととしてはさほど高くないとしても、それを実際に使いこなすためには、それ相応の練習が必要だからです。

中学校で学んだ英語知識を日常生活で活用するための方法は、多くの大人にとって興味深く、かつ実用的なテーマです。「Hello」「How are you?」「I’m fine, thank you.」といった基本的なフレーズは誰もが記憶していますが、それを超えてコミュニケーションに役立てるには、意識的なアプローチが必要です。

この記事では、中学生の英語教育と日常英会話を結びつける方法について探求します。どのようにして中学で学んだ英語を日常会話に活かすか、具体的なアプローチや効果的な練習方法について考察します。今の中学生が将来、自然な英語を使えるようになるためのコツをご紹介いたします。

また、英語のフレーズを日本語の合間にちりばめて、大人が読んでも英語の勉強になるよう配慮しました。それでは、どうぞ!

 

 

 

 

 

 

中学校の英語教育の特徴と課題

日本の中学校における英語教育は、長らく文法や単語の習得が主体であり、基本的な会話やリスニング能力よりも、文法ルールや語彙力の向上に重点を置いています。英語の読解やライティングスキルの重視はたしかに英語力の構築には欠かせませんが、日常英会話や実際のコミュニケーションへの応用には若干の弱さが指摘されています。学校での標準英語の習得は英語力の土台を築く上で不可欠ですが、学ぶだけではなく実践を伴う必要があります。

実際のコミュニケーションスキルを高めるためには、中学校で学んだ「basic grammar(基本文法)」や「vocabulary(語彙)」を、実際の会話やリスニングの場面で積極的に使うことが不可欠です。「Learn by doing(実践して学ぶ)」という言葉が示すように、実際に英語を話してみたり、外国の映画や音楽を聞いたりすることで、身につけた知識が自然と生きたものになります。

このような状況の中、中学校の英語教育における改革が進められ、コミュニケーション能力重視へのシフトが見られます。しかし、教室外での実践や、外国人との交流機会などを通じた実用的な英語力の育成も、今後の課題となっています。教科書で習得した英語を日常生活で使えるようにすることが、次代を生きる生徒たちにとって不可欠な「key point(重要なポイント)」となるでしょう。

日常生活での英語の必要性を実感させる

近年、英語学習の重要性はさらに高まっています。英語は、国際的なビジネスコミュニケーションや学術交流、さらにはエンターテイメントの世界でも広く用いられています。中学生にとって英語を学ぶ意味を実感させることは、彼らの学習意欲を刺激する上で非常に重要です。

英語は世界共通の言語として、様々なシチュエーションで使用されます。例えば、旅行や留学、国際的なビジネスコミュニケーションなどで英語が必要とされます。また、現代のインターネット社会においても、多くの情報やコミュニケーションが英語で行われるため、英語のスキルはますます重要性を増しています。

このように日常的なコミュニケーションから専門的なシチュエーションまで、英語が必須の言語であることを中学生に感じさせることは、彼らが積極的に学び続けるきっかけとなります。さらには、GoogleやFacebookなどのグローバル企業の公式サイトや、最新の研究論文、あるいは人気のYouTubeチャンネルにも、英語でのコンテンツが溢れています。「Up-to-date information is mostly available in English」(最新の情報はたいてい英語で手に入る)という事実は、情報収集に関する英語の重要性を示しています。

現在のインターネット社会では、デジタルメディアを通じて情報を得ることが日常生活にも不可欠です。そのため、中学生が「I want to understand this English article by myself!」(この英語の記事を自力で理解したい!)という意欲を持つことが、英語学習への自然な動機付けに繋がります。つまり、中学生が英語を実際に使う必要性とその利便性を理解すれば、彼らはより実用的な英語スキルを身につけていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

中学で学ぶ英単語とフレーズの活用法

中学で習う英単語やフレーズを日常会話で使えるようにするには戦略的なアプローチが必要です。多くの生徒が英語を単なる学校の教科と捉える傾向があり、実戦で活用する方法まで思い至らないことが問題となります。しかし、英語は単に試験のための教科ではなく、将来的に実際に役立つツールとして理解し、日常的に使えるようになることが大切です。

まずは、学んだ単語やフレーズを積極的に使ってみることです。例えば、”Hello”(こんにちは)や “Can I have…”(これをもらっていいですか)といった簡単な表現から始め、日常会話の中で自然と口に出すようにしましょう。この習慣化は、英語の使用を加速させる重要なステップです。

具体的には、自分の興味のある分野に関連する英語の表現を学び、それを友人や学習パートナーとの会話に取り入れるのが効果的です。また、実際に英語を使用する環境に身を置くことも重要で、海外旅行やオンライン英会話など、英語圏の文化との接触を通して自然な流暢さを身につけていくことができます。

さらには、英語の学習は継続が鍵を握ります。例えば、”I practice English every day to become fluent”(流暢になるために毎日英語を練習しています)というような自己アファメーションを使うと良いでしょう。この習慣は、学習へのモチベーション維持に役立ち、長期的に見て英語力の向上を実現することができます。

英語はテストのためではなく、実生活上のコミュニケーションツールとして捉え、日々の会話に取り入れることで、言語力の向上だけでなく、新しい世界との繋がりを体験することができるのです。

英語リスニング能力の向上方法

英語のリスニング力を伸ばすためには、学習者のレベルに合った教材選びが重要です。特に中学英語レベルでは、適切なリスニング教材を見つけることが一層求められます。「I can’t understand everything, but I’m getting there!」(全ては理解できないけれど、理解できるようになってきた)と感じる教材がベストです。難しすぎる内容は避ける一方で、簡単すぎるものも成長を阻害するため、適度なチャレンジが必要だと言えるでしょう。

多くの中学生用リスニング教材は、平均的な中学生に合わせているため、学習熱心な生徒には物足りなさを感じる可能性があります。「This is a piece of cake.」(これはとても簡単だ)と感じるレベルのものでは、リスニング力を高めることは難しいでしょう。

「With a little more effort, I can understand it.」(もう少し努力すれば、理解できるかもしれない)を感じさせるリスニング教材を探すことがカギです。例えば、「英語検定協会(英検)」の準二級程度の教材は、中学生が使用するには適度な難易度を持っているでしょう。英検教材は特に試験対策として有効ですが、「It’s good to diversify your learning resources.」(学習リソースを多様化することは良いことだ)という観点から、教材を使い分けることも重要です。

NHKの英会話講座やラジオ講座はもうひとつの素晴らしい選択肢です。「Let’s try to shake things up a bit.」(少し変化をつけてみましょう)と考え、日常会話を取り入れたリスニング学習が可能です。これらの教材はリアルな英会話をカバーしており、低コストでアクセスしやすい点もメリットです。

結局のところ、中学レベルで英語のリスニング力を磨くには、「Just right」(ちょうど良い)教材選びが成功の鍵。個人のレベルに合わせた選択と、多様な素材へのアプローチで、英語リスニングのスキル向上を目指しましょう。

会話練習の重要性

中学生が英語を効果的に学ぶためには、ただ学校で学ぶだけでは不十分です。”Practice makes perfect.”(習うより慣れろ)という英語のことわざが示すように、実際の会話の練習が非常に重要です。意識の高い家庭では親が子供を早い段階から英会話教室に通わせているケースがありますが、学習者が主体的に学習を進めることが理想的といえるでしょう。

通常、”face-to-face learning”(対面学習)による英会話教室が有効だと考えられます。これは、”live interaction”(生のインタラクション)によって会話の基本を学ぶからです。しかし、対面での学習が難しい場合は、”online language services”(オンライン言語学習サービス)を活用することをお勧めします。重要なことは、学習者が無理なく楽しんで継続できる環境を見つけることです。”Consistency is key to fluency”(継続は上達の秘訣)であり、定期的な練習が不可欠です。

“Self-assessment”(自己評価)や家族のサポートも大切ですが、最近ではスマートフォンアプリを使ったAIとの会話練習サービスも充実しています。「Rosetta Stone」や「Duolingo」といったアプリは、ユーザーが”interactive speaking exercises”(対話型スピーキング練習)を通じてスキルを磨くことを支援します。

“Practice through conversation”(会話を通じた練習)は、文法の学習や読解とは異なり、学習者が即興で言葉を作り、直接反応を得ることができるため、言語運用能力の向上に不可欠です。たとえば、「HelloTalk」や「Tandem」などの言語交換アプリは、他の言語を学ぶ人々との相互学習を促します。明らかに、”a proactive approach to practicing spoken English”(積極的な英会話の練習)が、若い学習者の将来の英語力に大きな影響を与えるでしょう。

文法と発音のバランス

中学校の英語教育において、文法の学習が重視される一方で、発音に対する注意はしばしばおろそかにされがちです。文法知識は英語におけるコミュニケーションの骨格を形成するものですが、実際の日常会話では発音の精度も等しく重要です。正確な発音こそが、相手に正しく理解されるための鍵となります。

Pronunciation is not just about sounding good; it’s about being understood,’ as language experts often assert.

(発音はただ綺麗に話すことだけでなく、理解されるために重要だ」と言語の専門家たちがしばしば主張しています。)

残念ながら、多くの学校では発音記号の指導が行われず、生徒たちの発音を細かく指導することも避けられがちです。

英語教育において、文法と発音のバランスを取るためには、まずリスニングスキルの向上が必要です。リスニング教材を使用することや、英語のテレビ番組を視聴することが挙げられます。これにより、話される英語のリアルな流れやリズムに慣れることができます。

さらに、「Practice makes perfect. という古典的なことわざがあるように、実際に口を動かし英語を話す練習も欠かせません。生徒同士のロールプレイや外国人講師との実践的な会話を通して、日常的な練習の場を提供することが推奨されます。

発音においては、フォニックスの基本を理解することも大切です。「リンキングやリダクションなどの特徴を覚え、ネイティブの発音に注意深く耳を傾けることにより、自然な英語の発音へ近づくことができます。

結局のところ、文法と発音のバランスのとれた学習は、「You can’t have one without the other.(片方だけでは成り立たない)」という理念に基づいています。日々の練習とリアルな会話の機会を積極的に増やすことが、効果的な英語の習得への鍵となります。

副業の時代、あなたの専門性を活かしませんか?

英語が得意、教えるのが好き、そんなあなたに朗報

オンラインで働ける日本人の英語講師を募集しています。

1コマ30分~、自分のペースでレッスン枠を設定できます。

年齢22歳以上、性別不問

条件:週3日以上 / レッスン料は自分で設定可能 / プロ意識のある方のみ

応募の詳細ページへ