毎日の習慣作り!TOEIC Part5無料メルマガ

 

英語学習は何よりも習慣化が大切!

TOEIC Part5形式の問題が365日間、毎日一問届くので習慣化しやすい。登録するとメールボックスに確認メールが届くのでクリックしてください。登録完了翌日から配信スタートです。

担当講師  阿部 毅(TOEIC985点)
きゃさりん

英語の学習ペースメーカーとしての英検やTOEIC

英検やTOEICは英語の学習ペースメーカーとして有効か?

英語の学習は、多くの人にとって大きな課題です。英語を習得するには、正しい学習方法を選ぶことが大切です。英語の学習ペースメーカーとしてよく知られているのが英検とTOEICです。これらの資格試験は、英語力を測定することで、英語学習者が自己評価を行い、学習の方向性を見つけることができます。

英検とTOEICは、英語学習者にとって、学習の目標を設定するために役立ちます。英検は、日本国内で最も有名な英語資格試験の一つで、日本語話者向けに作成された試験です。一方、TOEICは、ビジネスシーンで英語を活用することが多い人向けに作成された試験で、就職や転職などで利用されることが多いです。どちらの試験も、英語力を測定することで、自己評価を行うことができます。

英検とTOEICは、英語学習者にとって、効果的な学習ペースメーカーとなります。これらの試験を受験することで、自分の英語力を客観的に把握することができます。また、英語学習の目標を設定し、学習の方向性を見つけることができます。

英語の学習ペースメーカーとは

英検やTOEICは英語の学習ペースメーカーとなり得るというのが、この記事の趣旨です。それでは、これらの試験がどんな役に立つのかを以下に見て行きましょう。

ペースメーカーの役割

英検やTOEICは、英語学習者が自分の英語力を測定することができる試験です。これらの試験は、英語学習者が自分のレベルを把握し、目標を設定するために役立ちます。また、試験の合否によって、学習者は自分の英語力についてのフィードバックを受けることができます。マラソンと同じで長い時間を必要とする英語学習では、現在の自分の位置をすることが大切であり、それがペースメーカーの役割となります。

学習効率の向上

英検やTOEICは、英語学習者が目標を持って学習することを促し、学習効率の向上につながります。これらの試験に向けて学習を進めることで、学習者は自分の英語力を高めることができます。また、英検の過去問題集やTOEICの公式問題集を解くことで、試験の形式や問題の傾向を把握することができます。これにより、試験対策に役立ちます。

英検やTOEICは、英語学習者にとってのペースメーカーとして、英語学習の効率化につながります。しかし、これらの試験はあくまでも英語力を測定するためのものであり、英語学習の全てではありません。英語学習者は、自分に合った学習方法を見つけ、継続的に学習することが重要です。

英検とTOEICの概要

英検の目的と特徴

英検は、日本で最も有名な英語の資格試験の一つです。この試験は、日本の英語教育において、英語の読み書き能力を測るために使われます。英検は、基本的に、日本国内での進学に利用されるケースが多いです。英検には、7つのレベル(1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級、今後2級と準2級の間に新たな級が設置される予定)があり、それぞれに応じた英語力が求められます。現在、はS-CBTと呼ばれる試験会場でコンピュータを使った受験方式も採用されており、従来よりも受験できる回数が増えています。このS-CBTでは従来1次試験と2次試験が別れていた級でも4技能すべてを一度に受験できます。また、英検には社会人の受験者もおり、英検は、日本国内での英語教育において、重要な役割を果たしています。

TOEICの目的と特徴

TOEICは、国際的なビジネスにおいて、英語を使うことが必要な人々を対象とした試験でです。TOEICは、英語を使うビジネスマンにとって、非常に重要な資格です。TOEICには、リスニングとリーディングの2つのセクションがあり、スコアはそれぞれ別々に評価されます。TOEICは、ほぼ毎月試験が実施されていて試験会場も多いため、こまめな英語力のチェックが可能です。国際的な資格ですが、主に日本国内と感覚で広く受験されています。最近は進学などで利用されるケースもありますが、基本的には日本国内での就職や転職、そして昇進に利用されることが多いです。

学習計画の立て方

英検やTOEICをペースメーカーとして利用するためには、これらの資格試験を受けるだけでなく、計画的な学習が必要です。以下に、英検やTOEICの勉強において重要な学習計画の立て方を解説します。

目標設定

まず、英語学習においては目標設定が重要です。目標を設定することで、学習の方向性が明確になり、モチベーションも維持しやすくなります。目標は、英検やTOEICの受験だけでなく、英語力の向上や英語でのコミュニケーション能力の向上など、様々なものがあります。

目標を設定する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 具体的で明確な目標を設定する。
  • 短期的な目標と長期的な目標を設定する。
  • 目標を達成するために必要なスキルや知識を把握する。

計画の実行

目標を設定したら、次に計画を立てて実行することが重要です。計画を立てる際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 学習時間を確保する。
  • 学習する教材を選定する。
  • 学習の進捗を管理する。

学習時間を確保するためには、自分に合ったスケジュールを立てることが大切です。例えば、朝に30分、夜に1時間など、毎日決まった時間帯に学習することで、習慣化しやすくなります。

学習する教材は、自分のレベルに合わせて選定することが重要です。初心者向けの教材から始めて、徐々にレベルを上げていくことで、無理なく学習を進めることができます。

また、学習の進捗を管理することで、自分の学習状況を把握し、改善点を見つけることができます。例えば、毎週の進捗報告を自分に課すことで、自分の学習状況を把握しやすくなります。

以上が、英検やTOEICの勉強において重要な学習計画の立て方です。目標を設定し、計画を立てて実行することで、効率的な英語学習を実現しましょう。

英検やTOEICを活用するメリット

モチベーションの維持

英語の学習は時間がかかることが多く、モチベーションの維持が難しいことがあります。しかし、英検やTOEICなどの資格試験を受けることで、学習の目標を明確にすることができます。また、試験に向けて勉強することで、自己管理能力が向上し、モチベーションを維持することができます。さらに、試験合格の達成感や自信が、英語学習のモチベーションを高めることができます。

学習の成果の測定

英検やTOEICなどの資格試験は、自分の英語力を測ることができるツールです。試験のスコアを基準に、自分の英語力のレベルを把握することができます。また、英検やTOEICは、客観的な英語力の証明となるため、就職や転職活動でのアピールポイントとなることがあります。さらに、資格取得により、自分自身の自信にもつながります。

英検やTOEICを英語学習ペースメーカーとして、設定した目標の学習の成果を測定するツールとして役立てるべきです。

学習リソースとツール

参考書と教材

英検やTOEICの受験を検討している場合、参考書や教材は必要不可欠なものです。英語力の向上に役立つような、レベルに合わせた教材を選ぶことが大切です。市販の参考書や教材は多種多様に存在しますが、信頼性の高いものを選ぶことが重要です。有名な出版社が発行しているものや、評判の高いオンライン英会話スクールが提供する教材などがおすすめです。また、英検やTOEICの公式サイトからも、過去問や模擬試験などの教材が入手できます。

オンライン学習

近年、オンライン英会話スクールや英語学習アプリが増加しており、英語学習の手段として注目を集めています。英検やTOEICの受験においても、オンラインを活用することで、効率的な学習が可能です。例えば、英語学習アプリでは、自分のレベルに合わせた問題を提供してくれるものや、リスニングやスピーキングに特化したものなどがあります。また、オンライン英会話スクールでは、ネイティブスピーカーの先生とのマンツーマンレッスンを受講できるため、スピーキング力の向上に役立ちます。ただし、オンライン学習を利用する場合は、信頼性の高いものを選ぶようにしましょう。

英語学習の挑戦と解決策

一般的な課題

英語学習は、多くの人にとって大きな挑戦です。特に、日本人にとっては、英語の発音や文法、語彙力の不足などが課題となります。また、英語を学ぶ目的や環境によっても、学習の進め方やスピードが異なるため、自分に合った学習方法を見つけることが重要です。

英語学習において、一般的な課題として挙げられるのが、学習の継続性の問題です。多くの人が、学習を始めたばかりの頃は意欲的に取り組んでいても、途中で挫折してしまうことがあります。また、自己学習の場合、学習の進め方や方法が定まらないため、うまく学習が進まないという問題もあります。

解決策とサポート

英検やTOEICは、英語学習者にとって、学習のペースメーカーとなる重要な存在です。これらの資格を取得することで、英語学習の目標が明確になり、継続的な学習のモチベーションを維持することができます。

また、英検やTOEICには、それぞれのレベルに合わせた学習教材やサポートが充実しています。英語学習の初心者から上級者まで、自分に合った学習教材を選ぶことができます。さらに、英検やTOEICの過去問題集や模擬試験も豊富に用意されており、自己学習をサポートすることができます。

英語学習において、自己学習だけでなく、英会話スクールやオンライン英会話などの外部のサポートも有効です。英語でのコミュニケーションを通じて、リスニングやスピーキングのスキルを向上させることができます。また、英語学習においては、定期的な復習が重要です。英会話スクールやオンライン英会話では、定期的なレッスンを受けることで、復習の機会を確保することができます。

まとめ

この記事では、英検やTOEICを単なる英語の資格試験としてではなく、学習プロセスのペースメーカーと捉えることにより、より効率的で有意義な英語学習が可能であることを解説しました。これらの試験は一定の目標設定や進捗度を提供し、あなた自身の学習ペースを管理する上で貴重なツールとなり得ます。 最終的には、英検やTOEICがただ目指すべき目標でなく、自分自身の成長測定ツールとして活用することが大切です。それらはあくまでも手段であり、ゴールではありません。

最後に強調しますが、「学び」そのものが重要です。 この視点から見れば、英語力向上におけるこれら試験の役割は非常に大きいのです。より具体的かつ実践的なアクションに移すためにも必要不可欠です。 今後是非このアイデアを取り入れてみてください。そしてこれからどんどん努力し続けてください!あなたの目指す最高レベルへ到達するために、英語の学習ペースメーカーとして英検やTOEICをさらに活用しましょう。これがあなた自身の英語スキル向上だけでなく、自己成長への確実な一歩にもつながります。

副業の時代、あなたの専門性を活かしませんか?

英語が得意、教えるのが好き、そんなあなたに朗報

オンラインで働ける日本人の英語講師を募集しています。

1コマ30分~、自分のペースでレッスン枠を設定できます。

年齢22歳以上、性別不問

条件:週3日以上 / レッスン料は自分で設定可能 / プロ意識のある方のみ

応募の詳細ページへ