YouTubeSEOツールTubebuddyを無料インストール!
きゃさりん PR

TOEICスコアが上がらない人が取り組むべき3つのこと

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

TOEICスコアが上がらなくて悩んでいる人に、注意すべき重要なポイントが3つあります。

1毎日少しずつでも勉強を継続することで、スコアは上がります。
2自分の弱点を見つけることで、具体的な対策が取れます。
3目標を常に明確にしておくことで、モチベーションが維持できます。
必要なことは3つだけ!

1. とにかく継続する

言語力を向上させる上で最も重要な要因の一つは、継続的な学習です。毎日、TOEICの練習問題に取り組む、英語の音声を聴く、英語の記事を読む、ネイティブスピーカーとの会話に時間を割く、これらを習慣化してください。英語学習に没頭すればするほど、自分に自信がでてきて、英語の勉強自体が心地よくなってきます。

2. 自分の弱点を見つける

TOEICの公式問題集(入手可能なもので最も信頼性が高い)を一冊解くと、2回分のTOEICテストを経験できます。2回のテストで一貫して点数が低いセクションを特定します。語彙、文法、読解、リスニングなど、弱点を特定することで、それらの特定の分野に集中して勉強することができます。追加の問題集を探したり、信頼できる英語講師を見つけて助言を得ることで、これらの弱点に焦点を当てて対策を考えてみてください。

3. 明確なゴールを決める

TOEICスコアの向上のためには、達成可能な目標を設定することが重要です。例えば、今の自分のスコアから100点アップを目指すとか、または、ある特定の目標スコア、例えば700点を目指すとか、とにかく明確な目標を数字で示します。こうすることで、モチベーションを維持し、進捗を把握しやすくなります。一気に目標を達成するのではなく、小さな目標に分解して上達のプロセスを楽しみましょう!

英語学習を継続するコツと利点

継続のコツ

英語の学習を続けるためには、毎日少しだけでも勉強に取り組むことが重要です。この「少しだけでも…」というのが長続きするコツです。この習慣を維持するためには、短期目標と長期目標を設定し、それに真剣に取り組むことが不可欠です。

まず、自分の興味に合った学習教材を選ぶことで、モチベーションを高く維持することができます。例えば、映画やドラマが好きなら海外の映画やドラマを教材にする。スポーツが好きなら海外のスポーツの話題を日頃からチェックしてみるといいです。

このように日常生活の中に英語の勉強が自然と溶け込むことで数々の利点があります。例えば、いつの間にかコミュニケーションスキルが向上していたり、外国人目線で物事を見る習慣ができて異文化理解も促進されたりするでしょう。

勉強が習慣化されると英語の知識が蓄積していき、自然と理解度が深まります。いままで英語の勉強をしてこなかった人が、一気に毎日数時間も英語を勉強するのは大変です。それこそ3日坊主で終わってしまうかもしれません。

英語の勉強が徐々に自分の生活の一部になるように、英語学習を日常生活に取り入れることが効果的です。例えば、通勤電車の中で英語の音声を聴く、英字新聞を読む、週末ににオンライン英会話でネイティブスピーカーと話すなど、無理のない範囲で試してみるといいですね。

繰り返しますが、英語の学習は継続することが重要で、学習の勢いを維持する上でも毎日自分で決めた勉強のノルマをこなすことです。目標を決めることで心のブレがなくなり、迷ったときにも方向修正がし易いです。例えば、短期目標としては、1週間に50個の新しい単語を覚える程度で十分です。そして、長期目標として、最終的に流暢に話すことやTOEICの目標スコア達成などを設定しておきます。

継続の利点

さらに、英語の勉強を続けていくことで、思いがけないチャンスが舞い込むこともあります。外資系企業への転職で給料を大幅にアップしたり、海外出張の機会が巡ってくることもあります。英語力はこのグローバル化された世界での、あなたの貴重な武器となるのです。

また、英語のような第二言語を学ぶことで、認知上の利点があることが研究で判明しています。それは記憶力や問題解決能力を向上させ、認知症の発症を遅らせることさえあります。さらに、英語を理解することで、インターネット上の情報、国際メディア、最新の学術研究などに、直接自分の目で接することができ情報収集力が各段に上がります。

分野別に弱点を克服する

1. リスニング力を鍛える

TOEICテストにおいてリスニングセクションの重要性は非常に高く、多くの受験者がこのセクションで苦戦しています。スコアを上げるためには、特にリスニング力の向上は欠かせない要素であり、日常生活の中で英語に触れる機会を増やす意識を持つことが大切です。

耳を英語に慣らすためには、英語の音声を聞く習慣をつけることが有効で、英会話の音声教材を聞いたり、英語の歌を理解しながら聞くといった方法がおススメです。音声教材を使用する場合、市販のTOEIC向けのリスニング教材が多く出版されていますが、ETSが出版しているTOEIC公式問題集が最適です。実際にテストを実施している機関が出しているので、テスト問題がとにかくリアルで、他の市販の問題集ではなかなか真似のできないものになっています。

また、英語のニュース番組を視聴することも良いトレーニング方法の一つです。ニュース番組ではさまざまな分野のトピックが取り上げられるため、単語の知識を広げることができ、日常生活で使われる自然な英語表現にも触れ合えます。ニュース以外では、映画やドラマを英語の音声で視聴し字幕を活用することで、リスニングだけではなく、読解力の向上にもなります。

リスニング力を鍛えるためのもう一つの方法は、英会話のレッスンを定期的に受講することです。英会話教室やオンライン英会話で気に入った講師を見つけることで、実際の会話の流れを学び、リアルタイムでの聞き取り能力を強化することができます。これにより、TOEICリスニングセクションで出題される様々な状況や会話のスタイルにも柔軟に対応する力がつきます。

どの学習方法を選択する場合でも、定期的な練習と学習内容に対する継続的な見直しが成功への鍵です。リスニングスキルは一朝一夕に磨かれるものではなく、コンスタントに耳を英語に慣らして、様々な状況やアクセントに対する理解を深めていくことが重要です。TOEICで高得点を目指す上で、これらの努力が大きな成果を生むでしょう。

2. リーディング力を向上させる

より高いスコアを目指すには、リーディング能力を速読即解ができるレベルまで引き上げることが不可欠です。このスキルを伸ばすためには、様々な学習法が考えられます。

まず、英語の記事や書籍を読む習慣をつけることが有効です。日々の読書により、英語に触れる機会を増やし、自然と語彙力や文法への理解を深めることができるでしょう。新しい単語に出会った際には、必ず意味を調べてメモし、繰り返し復習することが重要です。

さらに、英語でのネットサーフィンもおすすめです。オンライン記事、ブログ、フォーラム、またはニュースサイトは、時事に関連した内容や日常的な英語を学ぶのに適しています。こちらも、読解力を高めるだけでなく、異なる文体や表現に触れられるため、より実践的なリーディング力を培うことが可能です。

加えて、英語の学習者向けのリーディング教材や教科書を利用するのも良いでしょう。例えばペンギンリーダーズはレベル別に分かれており、段階的に難易度を上げていくことができます。

もう一つ有効なのが、英語の読書会などへの参加です。他の学習者と共に文章を読み、理解した内容について話し合ったり、意見を交換することで、理解を深めることができるでしょう。地域で公民館などを利用しているグループや、有志が自主的に主催している読書会などを探してみると良いでしょう。

これらの方法は全て、英語のリーディング力の向上を目指すために役立つでしょう。しかし、何よりも大切なのは継続です。定期的かつ積極的に英語に触れ、少しずつでも日々の進歩を感じられるよう取り組みましょう。

3. スピーキングとライティングの練習を積む

TOEICテストにはTOEIC SWと呼ばれるスピーキングとライティングのテストもあります。従来からあるリスニングとリーディングからなるTOEIC LRと比べると、人気の面でかなり劣る試験です。しかし、スピーキング力やライティング力を高めることで、英語力全般の底上げとなり、リスニングやリーディングにも相乗効果が認められます。TOEICもうまく活用すればより実務で役立つ実用的英語力の指標になりえるのです。

総合的なアプローチが英語力を底上げしてくれる

TOEICスコアを上げるためには、リスニング力、リーディング力、スピーキング力、ライティング力の全てが重要です。日常的に英語を使う環境を作り、積極的に練習を続けることで、必ずスコアが上がるはずです。

目標設定の重要性

目標達成に向けて、日々の学習計画を具体的に立てることが重要です。例えば、週に数回のリスニング練習、通勤時の単語学習、そして文法問題を毎日数問解くなど、バランスの取れた勉強計画を作りましょう。また、実際のテスト形式に慣れるために、定期的に公式問題集や他の市販のTOEIC模試を実践形式で本番と同じ時間で解くことも有効です。各セクションごとに成績を分析し、弱点を特定して重点的に改善策を施すことで、より効率的な学習が可能になります。

TOEICの学習は単独で行うだけでなく、他の学習者や講師と情報を交換することも有効です。例えば、社会人向けのTOEICスクールや、オンラインでのTOEIC対策ができるスクールなどで講師や仲間から適切なアドバイスや情報を得ることで、一人では分からなかった異なる視点からのTOEICを見ることができます。同じ目的意識を持った人を見つけることにより、モチベーション維持にも役立つでしょう。

最後に、「継続は力なり」とも言われますが、常に自分の進捗状況を確認し、自己達成感を感じることが不可欠です。小さな成功体験を重ねることで、次のステップに進むためのエネルギーを得ることができます。TOEICのスコア向上は決して一晩にして達成されるものではありません。計画的かつ一歩一歩確実に進むことで、長期的に見て大きな成果を得られるでしょう。

Q&A

Q: TOEICスコアを上げるために何時間勉強すればいいですか?

A: 毎日30分から1時間の勉強。 毎日少しずつでも継続して勉強することが大切です。

Q: 仕事が忙しいビジネスマンでも効果的に英語学習をするコツはありますか?

A: オンライン英会話を活用。 仕事の合間にスカイプなどで英会話を練習することで、効率的にスキルアップできます。

Q: TOEICの勉強をする際に重点を置くべきポイントは何ですか?

A: 模擬試験を受ける。実際の試験の雰囲気を体験することで、自分の弱点や改善点が見つけやすくなります。

Q: どのようなスケジュール管理方法がTOEIC勉強と仕事を両立させるのに適していますか?

A: 勉強時間を確保する。 仕事の合間や通勤時間など、スキマ時間を有効活用することが重要です。

Q: TOEICスコアを伸ばすために必要な教材について教えてください。

A: 英語ニュースを読む。 仕事と並行して英語のニュースを読むことで、リーディング力を向上させることができます。

Q: 仕事の合間に効果的に英語のリスニング力を鍛える方法はありますか?

A: ポッドキャストや音声CD。自分の興味のある分野で継続できそうなものを見つけることです。

Q: TOEICのリーディングセクションにおいて時間を効率的に使うコツは何ですか?

A: Part7からの逆に解き始める。Part5からでなく、Part7~Part6~Part5と逆に解いていくと最後のPart5でラストスパートがかけやすいです。

Q: 仕事で使えるビジネス英語をTOEIC勉強に取り入れる方法について教えてください。

A: ビジネスメールを英語で書く。 仕事で使う英語表現を学びながら、実践的な英語力を身につけることができます。

Q: TOEICスコアを向上させるための効果的な勉強方法についてアドバイスをください。

A: 常にTOEICの問題を意識しながら、普段から英文を見ることです。すると、いろいろな場面で「TOEICの問題でみたような英文が実際に使われている」といった発見があります。

Q: 仕事が忙しいビジネスマンでも短時間で効果的に英語力を伸ばすためのプランはありますか?

A: 残念ながら、「これだけやれば大丈夫」という短期的な学習法はありません。本物の実力を身につけるには必ず時間が掛かると思ってください。

副業の時代、あなたの専門性を活かしませんか?

英語が得意、教えるのが好き、そんなあなたに朗報

オンラインで働ける日本人の英語講師を募集しています。

1コマ30分~、自分のペースでレッスン枠を設定できます。

年齢22歳以上、性別不問

条件:週3日以上 / レッスン料は自分で設定可能 / プロ意識のある方のみ

応募の詳細ページへ

毎日の習慣作り!TOEIC Part5無料メルマガ

 

英語学習は何よりも習慣化が大切!

TOEIC Part5形式の問題が365日間、毎日一問届くので習慣化しやすい。登録するとメールボックスに確認メールが届くのでクリックしてください。登録完了翌日から配信スタートです。

担当講師  阿部 毅(TOEIC985点)