毎日の習慣作り!TOEIC Part5無料メルマガ

 

英語学習は何よりも習慣化が大切!

TOEIC Part5形式の問題が365日間、毎日一問届くので習慣化しやすい。登録するとメールボックスに確認メールが届くのでクリックしてください。登録完了翌日から配信スタートです。

担当講師  阿部 毅(TOEIC985点)
きゃさりん

英語前置詞イメージ戦略|英語脳を作るための具体的手法

英語を学ぶ上でつまずきやすい前置詞。その使い方は時に複雑で、ともすれば意味の違いが曖昧になりがちです。「in」や「on」、「between」と「among」など、類似した前置詞の微妙なニュアンスに戸惑うことはありませんか?

 

今回は前置詞をイメージで捉え、使いこなすためのアプローチを紹介します。空間、時間、動きといった様々な文脈で前置詞を正確に使い分けるヒントを、視覚的イメージと共に解説。また、複数の語から構成される群前置詞の理解、誤用しやすい表現の対策まで幅広く深掘りしていきます。

 

本記事を通して、前置詞が持つイメージを明確にし、英語表現の正確性と豊かさを手に入れるための一歩を踏み出しましょう。前置詞の世界に隠された秘密を解き明かし、学習の全体像を把握する鍵がここにあります。次は、英語の前置詞を理解する上で必要な基本的な知識から、その具体的な覚え方と応用力を高めるポイントを見ていきましょう。

「英語の前置詞をイメージで覚える」ためのアプローチ

前置詞は英語を理解し、自然な表現を身につける上で欠かせない要素です。しかし、多くの日本人学習者にとって前置詞の正しい使い方はなかなか難しく、頭で考えるよりもイメージとして捉えた方が理解しやすいことも多いです。このアプローチでは、前置詞をイメージと結びつけて記憶に定着させる方法を提案します。

前置詞の基本的理解

前置詞は名詞または名詞句の前に置かれ、場所、時間、方向、原因などを示します。それぞれの前置詞が持つ基本的な意味を把握することが、使いこなす第一歩となります。

イメージで英語の前置詞を学ぶ重要性

言語は感覚と密接に関連しているため、視覚や感覚に訴えるイメージを用いることで前置詞の概念が直感的に理解しやすくなります。そのため、前置詞を抽象的な規則ではなく、具体的なイメージと結びつけて覚えることが非常に有効です。

前置詞の役割と使い分け

前置詞にはそれぞれ固有の役割があります。類似した前置詞でも微妙な違いにより使い分けが発生するので、これらの違いを理解し、状況に応じて最適な表現を選ぶ能力を養うことが大切です。

位置を表す前置詞の覚え方

位置関係を表す前置詞は、言葉だけで覚えるよりも、物理的な配置や空間を連想させるイメージによって覚えた方が直感的に理解しやすくなります。

“in”の空間イメージ

「in」はある空間の内部を示します。箱の中におもちゃが入っている状況を想像すると、この前置詞の意味が直感的に掴めるでしょう。

“on”の接触イメージ

「on」は接触・接続を表現する際に用います。壁にかけられた絵やテーブルの上の本など、物と物が接している状況がイメージに適しています。

“at”の場所イメージ

「at」は特定の点や場所を指し示します。例えば、会議が行われている部屋や特定の交差点での出来事など、「at」は具体的な場所や位置を示す際に使用されます。
このように、「at」はある点や特定の場所に焦点を当て、他の前置詞とは異なる位置関係を表現します。

“under”の位置関係

「under」は物の下にある状態を指します。椅子の下に落ちたペンの例を思い浮かべると、「under」の用法が明確になります。

“between”と”among”の違い

「between」は二つの特定の物や人の間を、「among」は三つ以上の中で不特定多数の中を指します。この違いを陸上の選手が走るレーンとパーティーでの人の群れで例える等、明確なイメージを持つと覚えやすいです。

“above”と”over”のニュアンス

両者ともに上方を指しますが、「above」は静的な位置関係を、「over」は動的なことも含めた上方を表します。飛行機が雲の上を飛んでいる様子は「over」、「above」は山の頂上に浮かぶ太陽のような静止したイメージが適しています。

時間を表す前置詞の理解

時間に関連する前置詞もまた、イメージを用いて覚えると効果的です。カレンダーや時計を想像することで自然に理解が深まります。

“at”の特定の時点

「at」は具体的な時刻や瞬間を指すときに使われます。会議が始まる瞬間や約束の時刻をイメージしましょう。

“on”の日付と曜日

「on」は日付や曜日を示す場合に用いられます。例えば、カレンダーの特定の日にマークがされているのを想像することで、「on」の使い方がより明確になります。

“in”の期間を表す用法

「in」では年や月、季節など、比較的長い時間の範囲を指します。年度や四季を考えるときに「in」が使われるシチュエーションをイメージすることができます。

“by”と”until”の使い方

「by」は期限を意味し、「until」は動作や状態がいつまで継続するかを意味します。「by」を使った場面では、プロジェクトが「締切日」までに終わることを強調するような場合を思い描くと良いでしょう。一方、「until」を使った場面は、決められた時間まで走り続けるような場面を思い描いてください。

“during”と”for”の使い方

「durign」は特定の期間を表し、「for」は不特定の期間を表します。また、「during」はある期間中に起こる事を強調し、「for」は期間の長さを強調するイメージをもつと良いでしょう。休暇中に楽しんだ経験を「during」で、数週間続けた習慣などを「for」でイメージすると理解に役立ちます。

方向や動きを示す前置詞

動きを伴うシチュエーションを描くことで、方向を示す前置詞の使い方を具体的に学ぶことができます。

“to”と”for”で示す目的地

「to」は動きの目的地を示します。「to」を考えるときには、人が目的地に向かって進む様子を想像しましょう。そして「to」の場合は目的地まで到達していることをイメージします。一方で「for」は、目的地に向かって進むのですが、まだ出発地点を出たばかりで目的地に到達できるかは分かりません。方向性としては目的地に向かっている状態をイメージしてください。

“from”の起点表現

「from」は出発点や起源を示します。旅が始まる地点や物が製造された場所を思い浮かべると、「from」の意味が鮮明になります。

“through”の中を通る動き

「through」は通り抜ける動きや一連のプロセスを表現する際に使われます。トンネルを抜ける車やプロジェクトの各フェーズを次々と通過する様子をイメージするのが適しています。

“into”で表す内への移動

「into」は内部への移動を強調します。部屋に入るという動作を想像することで、「into」の用法のイメージが形作られます。

“out of”で示す外への出現

「out of」は外への動きや、ある状態からの離脱を示すときに使います。建物から出てくる人々や難局を脱する様子を考えると、「out of」がわかりやすくなるでしょう。

前置詞を活用した表現の強化

一歩進んで前置詞を含んだ表現を学ぶことは、言語の理解を深め、より洗練した英語を話せるようになるために不可欠です。

群前置詞の理解

群前置詞は前置詞と別の語が組み合わさり一つの語のように使われます。英語の表現の幅を広げ、より流暢に話すために役立ちます。群前置詞を覚えることで、言語のニュアンスをより深く理解することができます。

  1. along with(~と一緒に)
  2. across from(~の向かいに)
  3. aside from(~を除いて)
  4. as for(~に関しては)
  5. away from(~から離れて)
  6. instead of(~の代わりに)
  7. out of(~から外に)
  8.  due to(~のために)
  9. next to(~の隣に)
  10. owing to(~のために)
  11. regardless of(~に関係なく)
  12. subject to(~に従って)
  13. because of(~のために)
  14.  according to(~によれば)
  15. by means of(~を用いて)
  16. except for(~を除いて)
  17. for fear of(~を恐れて)
  18. in addition to(~に加えて)
  19. in case of(~の場合には)
  20. in front of(~の前に)
  21. in relation to(~に関連して)
  22. in spite of(~にもかかわらず)
  23. in terms of(~の観点から)
  24. on behalf of(~の代理で)
  25. with regard to(~に関して)

前置詞と様々な文脈の関連性

前置詞は同じものでも文脈によって意味が大きく変わることがあります。文脈を考慮して正しい前置詞を選ぶ力を身につけましょう。

誤用しやすい前置詞の例と対策

前置詞の誤用は非常によくある間違いです。よくある間違いとその対策を理解すれば、同じ過ちを避けることができます。

前述のように、例えば月は基本的にinを使い、in Januaryやin Februaryのように表現しますが、これに日付が加わりJunuary 10やFebruary 4のようになると、on January 10やon February 4のようになります。前置詞の誤用が起きやすいところです。

英語前置詞学習の全体像を把握し、応用力を高める

前置詞の学習は英語習得の根幹部分をなしています。前置詞一つひとつがもつ豊かな意味を理解し、用法を正確に把握することで、英語力全体の向上を目指しましょう。学習した前置詞を実際のコミュニケーションでうまく活用することで、応用力が高まり、英語の表現が豊かになります。

まとめ

英語の前置詞は文の意味を左右する重要な役割を果たします。この記事では、前置詞の基本的理解から、位置、時間、動きを表す様々な前置詞、それに加えて前置詞を使った表現の強化に至るまで詳しく解説しました。ひとつの前置詞を取り上げても多様な用法があり、状況に応じた適切な使い分けが求められます。特に、前置詞が含まれる慣用句やイディオムに関する理解は英語の豊かな表現力を身につけるために不可欠です。誤用しやすい前置詞も例に挙げ、対策を提案しました。本記事を参考にしながら、イメージを利用した学習法で英語の前置詞をマスターし、応用力を高めることができるでしょう。

副業の時代、あなたの専門性を活かしませんか?

英語が得意、教えるのが好き、そんなあなたに朗報

オンラインで働ける日本人の英語講師を募集しています。

1コマ30分~、自分のペースでレッスン枠を設定できます。

年齢22歳以上、性別不問

条件:週3日以上 / レッスン料は自分で設定可能 / プロ意識のある方のみ

応募の詳細ページへ